海外・国内のコンクールで数々の賞を受賞し、世界のステージを魅了してきた
実力派ダンサーたちによる他では見られない夢の饗宴。
世界のトップを極めた男性ダンサーたちが集結し、
バレエ、JAZZ、STREET、コンテンポラリーとジャンルの垣根を越えた、
国内では類を見ないダイナミックなダンスエンターテインメント!!
ダンスシーンに風穴を開け、
エンタテインメントの領域を広げるステージ

GQ2015『GABBY』~世界で戦ってきた男たちの饗宴~ に寄せて
文:高橋森彦(舞踊評論家)

 GQシリーズ最新作が始動したと聞いて胸騒ぎが収まらない。GQとはGentleman Quality=紳士の品格の略称。ジャンルを超えた男性トップ・ダンサーが一堂に会し、プライドを賭けてぶつかりあい、ケミストリーを巻き起こす。2009年の『男たちの晩餐』、2011年の『Chocolat』は激しくスリリング、それでいて甘美――。白熱し、ボルテージの高い魅惑的な舞台だった。その衝撃は体の奥底に深く刻み込まれている。4年ぶりとなる新作『GABBY』~世界で戦ってきた男たちの饗宴~ は待望久しい公演だ。

 ダンスのクオリティが並はずれて高いことは疑いない。佐々木大、辻本知彦、横関雄一郎、清水健太、Aris [Quest Crew]、吉本真悟、SHINICHI [BUTTER]、蔡暁強(Cai Xiaoqiang)、JOEY BENI(丞威)、鈴木陽平、大野幸人、風間無限、木原浩太、大宮大奨、西岡憲吾、松野乃知、PEET [BE-BOP CREW、SO[BE-BOP CREW]、新上裕也という、クラシック・バレエやジャズ、ストリート、コンテンポラリーの分野をリードする強者が集う。そして、なんとバレエ界に彗星のごとく登場し、ショービジネスの世界でも大スターにのぼりつめたRasta Thomas(ラスタ・トーマス)が特別出演!というから驚きである。他では絶対実現不可能な豪華で強力な顔ぶれだ。まさに“奇跡”というほかない。

 旬な輝きに満ちた男性ダンサーたちの饗宴に胸躍るが、彼らが総花的に妙技を披露するにとどまらないのがGQの真骨頂だ。シリーズ当初からアートディレクションを担当する新上の確固としたヴィジョンが根底にある。『Chocolat』では、グリム童話「ヘンゼルとグレーテル」をモチーフに、躍動する肉体がつむぐフィジカルな興奮と寓話的な物語が掛けあわさって、イマジネーション豊かな世界が立ちあがった。『GABBY』でも、とことんダンスの面白さを追い求めつつ“七つの大罪を裏テーマに「破壊と希望を描く華麗なる世界」が繰り広げられる”というから期待はふくらむばかりである。

 新上ならではの唯一無二の世界観を体現するスタッフも超一流。広告を注目のビジュアルアートディレクター清川あさみが手がけ、音楽監督を福井小百合、舞台美術を石井みつるが担当するなど、そうそうたる顔ぶれである。振付も新上、辻本、Tammy Lynら実力者が行う。彼らとダンサーたちが豊富な経験と研ぎ澄まされた感性を駆使して“究極のダンスエンタテインメント”を供すべく奮闘するのに面白くない訳がない。クリエイティブで刺激的な時間を体感できるだろう。最高のエンタテインメントが優れたアート足り得ることを必ずや証明してくれるに違いない。ダンスシーンに風穴を開け、エンタテインメントの未知の領域を広げるステージに立ち会えるはずだ。駆けつけない手はあるまい。

 もうこの副題で重いパンチを1発食らいました。確かにキャスティングを見ると半端ないメンバーです! 今回は、我らBE BOP CREWから2名も参加させて戴いて本人達も非常に緊張しているみたいで本番が本当に楽しみです!ダンスのテクニックも然る事ながら、メンバー全員の全身を使ってのダンスに因る表現は生のライブを観なきゃ・・・後悔をします!
 世界で戦ってきた男達の魂の語りを我々観る側も全身の五感を使って彼らの表現をダンスライブで受け止めて味わいながらパフォーマーとオーディエンスとの近未来的なコラボレーションにトライしましょう!!
ここに宣言します『百聞は一見に如かず』この一言に尽きます!
―― BE BOP CREW YOSHIBOW a.k.a 横田義和

【Profile】1982年Be Bop Crew結成!実力派ダンスチーム“Be Bop Crew”を率い、日本のLOCK、SOUL、STREET DANCE (HipHop)SCENEを築き上げた人物。九州博多に拠点をおく日本ストリート・ダンス界の大重鎮で「DANCEの神様」とも称されている。また、TRFのSAMや、現在では振付師としても活躍中のOUJIやEIJI等の恩師としても有名。

世界中からこれだけのダンサー達が集まって作り上げる作品が面白くないわけがない。どんな舞台になるのか本当に楽しみです。バレエダンサーの鍛え抜かれた肉体、JAZZダンサーの対応能力、コンテンポラリーダンサーの奥行とフィーリング、そしてストリートダンサーのパフォーマンス性。これらが融合してベタだけどどんな化学反応を起こすのか今からかなり期待しています。
―― ダンスクリエーター SAM(TRF)


感動!稽古場が偶然隣で、のぞいたら、そこには新上裕也さん率いるスーパーダンサーが集結!息をするのを忘れるほどのオープニング!是非、体感してください。
―― 中川晃教


息が吸えない!まばたきなんかしてられない!鳥肌がたちっぱなし!熱い!みんな胸板が厚すぎる!なんて美しいんだ!芸術だ!覇気!勇気!大感動と大感情!1人の人間の無限の可能性!これが日本が世界に誇るトップダンサー達による黄金の舞だ!
―― Micro (Def Tech)
このページの一番上へ戻る
GQ2015『GABBY』公式ホームページ
2015年6月10日(水)- 6月14日(日) EX THEATER ROPPONGI ほか
掲載されているあらゆるコンテンツの無断転載を禁止いたします。